本文へ移動

業務内容6 利用者に対する定期連絡「安否確認」

業務内容6 利用者に対する定期連絡「安否確認」

安否確認

安否確認サービスの目的

  • 利用者情報の更新
  • 健康状態などの確認
  • 通報練習
  • 季節毎の健康、栄養アドバイス
  • 自治体担当課からの連絡など
  • 「振り込め詐欺」などの注意喚起
  • 相談、生活サポートの利用促進

安否確認サービスの効果

利用者は高齢のため、健康状態や、環境は常に変化をしています。そこで、安否確認の際に、健康・生活状況のチェックを行うとともに、データの変更がないかどうかの確認を行い 、緊急時に備えます。
端末機やペンダントによる通報練習を行い「早助」に慣れ親しんで頂き、利用率の向上にも繋がっています。
0
1
2
7
0
9
TOPへ戻る